【肩こり/腰痛/妊娠しやすい体作り】吉祥寺の鍼灸整体院 吉祥寺湯心堂の院長ブログ

 
僕が考える「健康の三原則」があります。

  • バランスの取れた食事
  • 6~8時間程度の睡眠
  • 適度な運動

この三つをきっちりやってれば、そうそう健康は害さないのではないかと思ってます。

それでも人間は病気もしますし、いつか死にますがそれは「自然の理(ことわり)」ということでご了承いただければと。
 

それぞれについてもう少し細かく説明していきますね。

 

食事について


 

食事についてはいろんな「食べたら良いもの」が溢れていますが、とにかくバランスの良い食事を心がければいいと思います。

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • 鉄・カルシウムなど

栄養素で言うと考え過ぎちゃうからもしれませんが、

  • 米、パン、パスタなどの主食系
  • 肉・魚・卵などの動物性食品
  • 野菜

これらをバランス良く食べる。

そしてここが大事。
何を食べるかよりも、どれだけ食べるか。

結局一番大事なのは「食べる量」だと思っています。
腹八分目くらいまでしか食べないようにする。
 

腹五分でもいいと思ってます。僕は晩御飯以外は腹五分くらいにおさせています。

大丈夫ですよ五分も食べていれば死にませんから。
むしろ量については「死なない程度に食べる」くらいでいいんじゃないかと。

 

睡眠について


 

睡眠は大事です。人間は寝ている間に回復するからです。

6~8時間は寝たいところです。

ただ、それくらい寝ても、起きたときから疲れているということもあると思います。

これは睡眠の質が悪いからそうなっているので、6~8時間寝ても足りていない状態です。
 

質が悪いときは量でカバーするしかありません。もっと寝ましょう。昼寝とかもいいです。
 

眠りの質を上げるためには、体をリラックスさせることが大事です。

ゆっくりお風呂につかったり、マッサージは受けたり。
 

ちなみに当院の整体は眠りの質が上がりますよ-。(宣伝)

 

運動について


 

忙しい日常を送っているとなかなか運動ってできないものです。

運動といっても、そんなたいそうなスポーツ競技をするわけでなく、ウォーキングやジョギングでいいんです。
 

ここで「適度な運動」とはどういうものなかのを定義したいと思います。
 

  • 全身の筋肉がまんべんなく動くこと
  • 心拍週が上がること

こちらももう少し詳しく説明していきますね。

 

全身の筋肉がまんべんなく動くこと

座っているとき、上半身は頭や背骨を支えるために力が入っています。しかし足には力が入っていません。

座っているときというのは、筋肉はアンバランスな働き方をしているのです。(だから肩こり・腰痛が起こる)
 

対して運動しているときは全身の筋肉がまんべんなく力が入って動いています。

歩く・走る・泳ぐ、何でもいいです。とにかく運動することが全身の筋肉がまんべんなく動くということになります。

 

心拍週が上がること

走ると息が切れて心拍数が上がります。

これは体を動かすためのエネルギー源である酸素が不足してくるために起こる体の反応です。
 

体にはそのように運動するための機能が備わっています。

そしてそれは生命を維持するための機能です。にも関わらず、その機能を全く使わないことは不健康に繋がると思いませんか?

 

食事・睡眠・運動は自律神経のバランス


 

実は、この「心拍数が上がっている状態」は、ある体の状態とバランスを取っているのです。

それは「内臓の働き」「睡眠」です。
 

運動は緊張。食事・睡眠はリラックス。これらは自律神経の働きです。

つまり、胃腸の調整を良くしてぐっすり眠るためには、心拍数が上がるくらいの運動をしないといけないのです。
 

普通に生活していると心拍数が上がるくらい体を動かすことって少ないです。

ウォーキングも運動ではあるのですが、しかし歩くことではそんなに心拍数は上がりません。

ですので走るのが一番良いのではないかと思っています。
 

走るといっても心拍数を上げることが目的なので、50メートルダッシュ1本でもいいです。
 

ちなみに、何もしていないのに心臓がバクバク動き出す動悸や呼吸が速くなったり息苦しくなったりする症状(パニック障害など)。

これは運動して心拍数が上がっている状態と同じです。

何もしてないときにいきなりこうなるから不安になるわけですが、体はこのような状態になりたくて仕方ないんです。
 

だから運動することが大事なんですね。

 

心拍数を上げるときの注意点

そうはいっても、心拍数が上がるってことは血圧も上がります。
高血圧の治療をしている人は細心の注意が必要です。

また、ぜん息のある人は走るのが難しい場合もあります。

心拍数を上げるということは、誰にとっても「適度な運動」であるとはいえません。

「適度な運動」は、体の調子と相談しながら行うようにしてくださいね。

 

まとめ


 

最後にあらためてもう一度、健康の三原則です。

  • バランスの取れた食事
  • 6~8時間程度の睡眠
  • 適度な運動

 

もし、睡眠の質が悪かったり、どこか痛いから走れない、ということならぜひ整体を受けにきてくださいね。

それでは皆様のご健康を心よりお祈りしておりますー。

 

● 吉祥寺悠心堂ホームページ
● 妊娠しやすい体作り専用サイト

● 診療時間 10:00~20:00(土・祝 18:00まで)
● 定休日 水曜日・日曜日
● 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3
  劇団前進座ビル 603
● TEL 0422-72-1822
  「ホームページをみて…」とお電話ください
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

よろしければこのブログをお気に入りへ
  ↓↓↓
ブログランキング参加中
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ 人気ブログランキングへ

カテゴリー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ